「理想の自分」になるには、まず「自分を知る」ことから。

パーソナルカラー診断(色)と骨格診断(形・素材)によりご自身の外見的な強み・弱みを知り、セルフイメージをより魅力的に表現するご提案をさせていただきます。

過去のコンサルティング事例

■妊娠・出産を経て似合う服がわからなくなった(会社員・27歳・女性)
■婚活サービスに登録することになったためセルフブランディングしたい(会社員・35歳・女性)
■メディアに出る機会が増えたため自身をよりよく見せるスタイリングが知りたい(会社員・36歳・男性)
■宣材写真を撮影するにあたり洋服選びやヘアメイクの参考にしたい(ナレーター・34歳・女性)
■女性が多い職場への就職を機に好印象をつくりたい(学生・27歳・女性)

CONSULTANT

みちした ゆき

ICBインターナショナル
イメージコンサルタント養成コース ディプロマ取得

一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト
認定協会 認定アナリスト

Riche en Couleurs認定12タイプ別カラーアナリスト
色彩検定2級取得

Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。


    ー パーソナルカラー診断とは

    生来持つ肌・髪・目の色と調和する色をカラードレープ(布)をあてて診断します。診断結果は大きく4タイプ(4シーズン)に分かれますが、さらに詳しくお得意な色の傾向・苦手な色の傾向を分析いたします。

    調和する色を身につけることにより、顔色がよく健康的に見える・顔立ちがはっきり見える・フェイスラインが引き締まって見えるなどの効果があります。

    ー 骨格診断とは

    正式名称を「骨格構造によるファッションタイプ診断」といい、生来の筋肉・脂肪のつき方や骨・関節の大きさを分析し、体型をもっとも活かすファッションアイテムの形・素材感を診断します。

    ご自身の身体に調和するアイテムを身につけることにより、着痩せして見える・垢抜けて見える・女性/男性らしさが際立つなどの効果があります。